来たる高齢化社会へ向けて

 現在、わが国の高齢化は、世界でも例をみない速度で進行しております。

 厚生労働省が発表した、全国高齢者名簿(長寿番付)によると、100歳以上の高齢者数は全国で2万561人(平成15年9月30日現在)。前年より2,627人増え、初めて2万人を突破し、総務省が「敬老の日」にちなんで発表した推計によると、全国の65歳以上の高齢者人口は2,484万人(平成16年9月19日)。前年より55万人も増えており、総人口に占める高齢者の比率は、前年より0.5ポイント増え、19.5%に達しております。

 これはもちろん高齢者の人口、比率ともに過去最高であり、今後も高齢化は急速に進み、2025年には高齢者人口が3,473万人、高齢者比率は28.7%に達すると予想されています。

 
当社では、この急速な高齢化を正面から受け止め、「必然性の高い有用な価値を追求・創造し続けることにより、社会貢献を行う。」 との理念をもって業務を行っております。

 身体的なリスクを背負った高齢者の方の個々の生活・機能回復を援助し、「自立生活」のお手伝いをさせていただくことを前提に、高齢者と「地域貢献」・「遊休地活用」・「介護事業進出」を模索している方との両者への支援を推進しております。

 
| HOME | サイトポリシー | セキュリティ | お問い合せ